海外留学をする時は明確なビジョンを持とう

admin, 16.04.2014 , kategoria: 留学

短期長期の語学留学やインターンシップ、大学留学などを考えている場合、何を目的としているのかハッキリしたほうがいいでしょう。例えば英語力を身につけたいと思っているのであれば、語学留学するメリットは十分にあるでしょう。しかし習得のために外国へ行くにもかかわらず、1ヶ月ちょっとの期間では意味がありません。

1ヶ月という短い期間であっても、行くことに価値があるのかもしれませんが、習得できるレベルはたかがしれているでしょう。よってTOEICの点数を上げたい程度であれば、国内の英会話スクールへ通うべきです。逆に英語力を身につけたいのであれば半年以上は語学留学の期間を設けた方がいいでしょう。

このように考えていくと海外文化に触れてみたい時には、1ヶ月でも十分でしょうね。逆にTOEIC対策のために長期間の留学をする必要は無いのかもしれません。要は目的に合った方法と期間をきちんと決めることが重要です。特に自分のお金ではなく、両親にお金を払ってもらい外国へ行く場合には説得する必要もあるでしょうから、目的を決めることが先決です。

■語学留学や高校・大学進学など海外留学を安心&低価格サポート
>>語学留学のサポート支援ならディーサイド

ディーサイドでは語学留学や高校留学、大学留学、ワーキングホリデー、ボランティア留学などの支援をしています。初めて外国へ留学する時の「不安」「心配」を解消してくれるでしょうから、まずは無料資料請求をしてみるといいでしょう。無料カウンセリングを通じて、希望のプランを作成してくれるそうです。

Zostaw komentarz